音楽だけに限らず、アパレルや生活雑貨からライブ空間、ライフスタイルまで創るバンド Crahs

MUSIC

音楽だけに限らず、アパレルや生活雑貨からライブ空間、ライフスタイルまで創るバンド Crahs

「暮人 -kurasuto-」というTシャツ、トートバック、ポーチなどデザイン性もクオリティが高いウェブセレクトショップを運営しているバンドがある。
Crahs [読み:クラス、意味:暮らす]という名前のバンドで、九州・鹿児島の海沿いの町で育った3人が上京して結成。 東京を中心に活動する 久保卓人(ボーカル、ギター) /まりえ(サックス) /  久保健人(ドラム)の3人によるポップバンドである。(以前はパンカホリックスとして活動していた。)

彼らは音楽だけに限らず、アパレルや生活雑貨からライブ空間、ライフスタイルまで。 自分たちをワクワクさせる、音楽と共に暮らす日々をDIYで作りながら活動中しているバンドなのである。そして「暮人 -kurasuto-」は暮らしの中においておきたくなる、 そんなアイテムをCrahsがセレクトして販売している。
そのラインナップはデザイン性、クオリティの高さからバンドのマーチというより、アパレルブランドの商品と言える。



2016年12月には1st mini Album「Record City」をタワーレコードにて全国発売もしていて 、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて初のホールワンマンライブも開催している。


優しく、心地よいポップでおしゃれな音楽を奏でている。

「Crahs」のライブ

Crahs は様々な編成でライブを行います。
ライブハウスやホールでのライブの時は、メンバー3人にエレキギター、ベース、キーボード、パーカッション、コーラス隊 等のサポートメンバーを迎えた大所帯編成のフルバンド形式。
僕らにはかっこいい音楽家の仲間たちがいるんです。
カフェやギャラリーでのライブの時は、メンバー3人によるアコースティック形式。
Crahsによるアコースティックユニット「Crahs”home party acoustic”」としてパフォーマンス。
Crahsの音楽に制約はありません。どんなところでも、どんな形でも、僕らのポップミュージックをお届けします。

「Crahs」のモノ作り
Crahsのモノ作りは音楽だけじゃないんです。
メンバーが普段使いするバッグもDIY。
すべてドラム・久保健人が布を買ってきて、切って、自分の手で0から作ります。
Crahsが作ったアパレルや雑貨は、Crahsが作ったWEBショップ 「暮人-kurasuto-」にて。
デザインフェスタやハンドメイドインジャパンフェスなどのクリエイターイベントへも毎シーズン出展しています。

Crahsは自身主催のライブイベント、アートフェス”IDOBATA”も行なっている。“好きなものの話をしよう”を合言葉に、ライブだけでなく、服やハンドメイド雑貨の販売、 写真やイラストの展示、オリジナルフード/カクテル等、彼らの好きなものを集めたイベントである。
http://www.crahs.jp/web/idobata_tokusetsu.html

バンド活動だけでなく幅広く”art”を楽しんでいるデザイン性が高い面白いバンド(チーム)である。Vo 久保卓人が「就職するからって、バンドを辞めなくてもいい。という常識を作りたい。」という音楽に対する気持ちもぜひ読んでほしい。
https://lineblog.me/kubotakuto/archives/894655.html

 

4月17日下北沢CLUB Queワンマン

2018.4.17(火)にはそんなCrahsが 下北沢CLUB Que「Crahs 3rd Anniversary One-Man LIVE〜Crahs100人編成計画〜を開催する。Crahs100人編成計画というのは、Crahsメンバー3人+サポートメンバー7人+ファンとで100人編成をつくる!という意味からであるようだ。
https://crahs.stores.jp/items/5a2b47e1f22a5b50de003981

2018年4月17日(火)
「Crahs 3rd Anniversary One-Man Live〜Crahs100人編成計画〜」
会場 下北沢CLUB Que
開場 19:00 / 開演 19:30 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (要別途ドリンク代) 出演 Crahs

 

Crahs
http://www.crahs.jp/web/

DESiC

38,939 views

DESiC編集部

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。