眩暈SIREN / ジェンガ【PUSHSONG!!】

PUSHSONG!!

眩暈SIREN / ジェンガ【PUSHSONG!!】

福岡で結成された5人組ピアノエモーショナルラウドロックバンド眩暈SIREN。リピートする度に鳥肌が立つような曲構成とエモさとセンス、曲と映像のハマり具合もすごく良い1曲だ。リリックも詩的で独自の世界観を確立し表現していて、中毒性も高い。
http://www.memaisiren.com/


-Lyrics-
堪えきれず吐き出した言葉でどこか壊れていく
羨む心理も後悔、自覚の中 遊泳
理想の内では思うように波を切る事が出来たのに凍てつく現状
面倒だからしがみつくの辞めた
悲しむの怖いから追い掛けるの辞めた
本当の望みを諦めが削ぎ落とす
自分と呼べるものは残っているか?
肺一杯に水を吸い込む
浴槽で眠らす 孤独な海洋
貴方は誰でしょう?
水面(みなも)で一人
剥がれてく自我を惜しむ
砂揺れて 泣くなら泡となって
消えるがいいさ
そこに残るモノが全てだ
残骸は、そこに確かに 確かにあった
貴方は貴方だ
真っ黒い水の中に浮かんだ
貴方は誰で誰が貴方か?
掻き分けるも虚しく滑り落ちた
貴方と呼べるものとは?
脆くも歪むその境界線
一寸先すら見えぬ状態、依然
もがくだけ無駄かその答えは
手を伸ばすことにすら怯えた
水面に浮かぶ光よ
肺一杯に水を吸い込む
浴槽で溺れる 未熟な海洋
目隠し貴方は そこでも一人
見失う自我を語る術絶えて
泣くなら波となって 溶けるがいいさ
そこで見えるモノが全てだ
描く空想での泳ぎ方すら
今となっては忘却の彼方
意思の底の
名も無き迷い子
貴方は誰でしょう 分かりませんか
ぐらつく自己統轄の羅針盤
自分と呼べるものを探す
命の時間は海の一泡
それでも砂を揺らす
「生きている」と そこに確かに 確かに在った
貴方は貴方だ
それだけじゃ駄目か?
肺一杯に水を吸い込む
浴槽で眠らす 孤独な海洋
貴方は誰でしょう?
水面(みなも)で一人
剥がれてく自我を惜しむ
砂揺れて
泣くなら泡となって 消えるがいいさ
そこに残るモノが全てだ
命の熱に触れてしまった今は
孤独を知らぬままではいられず

DESiC

35,225 views

DESiC編集部

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。